サイトメニュー

休職中の生活

医者 うつ病で長期休職を余儀なくされたときは、健康保険から傷病手当を受け取ることができます。傷病手当の受給を申請するには医師の診断が必要です。最長で1年6か月間受給できるので、長期療養や生活再建の準備に役立ちます。

詳しく見る

心療内科での補助制度

医者 うつ病を患った際に支給される傷病手当は、最大、1年半年の支給を受け取る事が可能です。ただし、失業保険とは併用できず、計画性を持って治療に当たるのも大切です。仕事に就いている当初から、医療機関に足を運んでおけば、申請がしやすくなるでしょう。

詳しく見る

休業期間の生活費になる

女性 うつ病の症状が出てきて働くことが困難になってしまった場合には、仕事を休んで傷病手当をもらうことが大切です。申請書にはいくつか記入事項がありますが、通院している病院の医師が記入する欄もあるので手続きは余裕をもって行いましょう。

詳しく見る

支援制度を利用するコツ

悩む女性 精神的な負担が原因でなりやすいうつ病になった時は、傷病手当を利用すれば生活費を得られるので便利です。うつ病で働けないほど悪化している時に使いやすい制度で、十分な収入を得られるので安心して治療に専念できます。

詳しく見る

発症から退職まで

女性

支援制度を確認

うつ病は誰にでもなる可能性がある病気です。もしも発症してしまって仕事を継続することが難しくなった時、確認しておくべき傷病手当があります。傷病手当の受給には、受給条件をクリアしている必要があります。一つ目は業務以外での病気やケガで療養中であること。二つ目は療養に専念する為に就業が不能であること。三つ目は四日以上仕事を休んでいること。四つ目は給与の支払いがないこと。以上すべての項目に該当していなければなりません。ポイントとしては、業務以外の理由でうつ病になった場合で就業が難しい場合、傷病手当が受給できる可能性があります。うつ病は長期戦になる場合も多く、このような支援を活用出来るのは、大変ありがたいことです。傷病手当は標準報酬月給の約67%の支給があります。受給する場合は、条件に当てはまっていれば退職後であっても受給は出来ます。その際の注意点として、退職による資格喪失時に傷病手当金をすでに受けているか、受けられる条件を満たしていることが必要になります。治療は長期戦になることも少なくありませんので、退職という選択をするケースも選択肢に入れておくとよいでしょう。また会社での業務が原因で発症した場合は、会社に対して損害賠償を求めることも出来ます。

うつ病の治療に専念する為に退職をする場合の流れとして、まずは会社に退職の意思表明をする必要があります。退職には二種類あります。自己都合退職と会社都合退職です。業務以外でうつ病を発症して治療に専念したい場合は、基本的に自己都合退職になります。一方長時間労働によるストレスからうつ病を発症した場合は、会社都合退職となります。会社都合退職の場合は、給付日数が長く、給付までの待機期間も短いのでそれなりのメリットがあります。業務以外での発症の場合は、自己都合退職になります。条件に当てはまる場合は傷病手当金の申請が可能です。また更に、うつ病からの復帰支援制度もあります。医療費の負担を軽減してくれる制度です。自立支援医療制度というもので、精神疾患による治療に対して支援してくれる制度です。条件を満たすことで、医療費負担を通常の三割負担から一割負担に軽減してくれます。このような様々な支援制度を活用してうつ病をしっかりと治すことが出来ます。決して治らない病気ではなく元のような社会復帰も十分可能です。焦らずゆっくりと治療に向き合うことが大事です。治療中の経済的な不安は治療の妨げになりかねません。まずは相談機関を利用してみたり、通院している医療機関で傷病手当に関して相談してみると安心です。

Copyright© 2019 治療に専念する為に利用出来る支援制度を確認 All Rights Reserved.