サイトメニュー

心療内科での補助制度

医者

心の治療を支えるためのサポート

仕事などでうつ病を患い、退職を余儀なくされてしまえば、心の治療を行わなければなりません。ただし、仕事が継続できる状況とは限らず、仕事が出来るまで治療を優先的に行っていかなければならない場合などもあるでしょう。しかしながら、金銭的な収入がない状況は、それがストレスとなり、治療の回復を妨げてしまいかねません。その様な状況に陥らないためにも、仕事などの影響によりうつ病を患ってしまった場合は、傷病手当を受けることが可能です。傷病手当は、標準で設定されている月額報酬の最大2/3の金額まで受け取れます。ただし、気をつけなければならないのは、職を失った際に支給される失業保険が受け取れなくなる場合もあるため注意が必要です。失業保険の意味合いは、再就職するまでの、生活を支える補償の意味合いが強くあるため、目的が違ってくるためです。ただし、傷病手当は、うつ病の治療が長引く可能性もあり、最大で1年半の給付期間が設けられています。それ以上は、支給されなくなるため、生活費を切り詰め、治療に専念する心構えも大切です。うつ病の治療は、早めに治療を行った方が望ましく、審査が早く通れば、1ヶ月先から支給される制度です。会社側の不祥事により、労災を争っている場合において、時間がかかる場合もあるでしょう。先に、傷病手当を利用しておけば、労災を争う支えにもなるはずです。

うつ病を患った場合における、傷病手当は、労災の因果関係に関わらず支給される制度です。最大の目的は、働けるための心身を取り戻す目的で設定されています。そのため、出産手当など、子供を産むための補助として支給されている制度と併用できる場合もあります。医者は、個人情報の観点から、細かな収入面などの情報や、生活するための資産について、積極的に情報を求めない先生もいます。そのため、うつ病を患っている人の中には、傷病手当に対する制度を知らず、負担を抱えたまま治療を始められる人もいるでしょう。申請は、時効の2年以内であれば、いつでも申請が可能であるため、頭の片隅においておくのもポイントです。傷病手当は、基本的に、給料の支払い月があると、支給はされません。ただし、うつ病の退職の中には、日割り計算され、満額の給料が支払われない場合もあるでしょう。申請した場合における、受給資格額よりも、少なければ、申請できる場合もあります。確実に申請に受かるためにも、仕事に就いている状況から、心療内科や、精神科に足を運んでおくのもお勧めです。先生方と相談しながらであれば、退職する決断も行いやすく、申請が通りやすくもあり、治療に専念しやすくもなるはずです。

Copyright© 2019 治療に専念する為に利用出来る支援制度を確認 All Rights Reserved.