サイトメニュー

休職中の生活

医者

療養に専念するために

会社員がうつ病にかかってしまったとき、仕事を続けながら治療するのが難しいこともあります。特に職場のストレスが原因になっていると、出勤しようと考えただけで具合が悪くなったりします。そんなときは無理をせず、有給休暇が残っていれば使ってしまいましょう。ただし休暇制度がなければ欠勤または休職せざるを得ない場合があります。当然休職中は無給になるので、生活の心配が出てくるかもしれません。ただでさえ心が不安定なときに、生活の心配まで加われば、うつ病が長引いてしまう可能性もあるでしょう。そこで利用したいのが、健康保険の傷病手当金制度です。これは健康保険組合に加入している会社の従業員が支給を受けられるもので、自営業者などは対象になっていません。傷病手当を受け取るには、自身が健康保険に加入していることが条件です。うつ病で長期休職することになったら、会社を通して健康保険組合に申請書を提出します。申請そのものは無料ですが、医師の診断を書き込んでもらう欄があるので、精神科や心療内科を受診する必要があります。労務不能と診断されなければ、傷病手当が支給されない場合もありますが、実際に休職していれば支給が却下されることはあまりないでしょう。

傷病手当金は日割り計算で、休んだ日1日につき標準報酬日額の3分の2が支給されます。標準報酬日額は過去1年程度の平均給与を日割りにしたものですが、ボーナスなどは含まれていません。なお休んだ日に給与が支給されていると、傷病手当を受け取ることができないので注意が必要です。2種類以上の異なる病気で休職したときは、その都度傷病手当を受給することができます。たとえばうつ病とパニック障害などは別の病気と考えられます。ただし実際には、精神疾患は相互に因果関係があって、ひとつの病気と診断されることが多いため、支給は1回限りになるのが普通です。支給期間は最長で1年6か月になり、これだけあれば長期療養の必要なうつ病でも、じっくりと治療に専念できるでしょう。完治してから復職できる場合は問題ありませんが、休職中に治る見込みがなく、退職してしまうケースもあります。こうした場合でも、傷病手当は最長1年6か月まで受け取ることができます。条件は退職日まで1年間以上健康保険に加入していること、資格喪失日(退職日)に病気で休職していること等です。うつ病が長引くと予想されたときは、退職して傷病手当を受給しつつ、新たな仕事を探すのもひとつの方法です。

Copyright© 2019 治療に専念する為に利用出来る支援制度を確認 All Rights Reserved.