サイトメニュー

休業期間の生活費になる

女性

必要な書類を揃えて申請

不眠の症状が続いたりイライラする機会が増えたと感じたりする場合は、うつ病になっている可能性があり専門医に診てもらうことが重要です。病院を選ぶ場合には将来的に仕事を休まなくては行けなくなった際に、傷病手当をもらうための申請書に記入してもらうことも検討して選ぶようにしましょう。傷病手当の申請書の記入には2週間ほどかかることが多く、会社や自宅から通いやすい病院に通院しておくと書類のやりとりがスムーズになります。うつ病の原因となる事柄は人によってそれぞれ異なりますが、自分が日頃感じている物事の悩みを得意とする病院を選ぶと相談しやすくなります。家庭内の悩みや女性ならではの悩みなど、病院によって得意ジャンルが異なるので、確認しておくと安心です。精神科や心療内科のホームページには、これまで治療した患者のメッセージ紹介や医師からの治療方法の考え方などが載っているものが多く病院選びの参考になるでしょう。通院している間にうつ病の症状がよくならないという状況になって初めて傷病手当の申請となりますが、このまま会社に勤めることが難しいという相談をあらかじめしておいた方が申請書を記入してもらいやすくなります。医師から見ても会社に勤めるのが難しく休みを取るのが望ましいとされた場合に、休業しやすくなります。

傷病手当は怪我や病気が原因で働くことが出来なくなった場合に、休業期間中の生活費として支給してもらう制度です。基本的には、休業して会社から給料が支払われなくなってからの申請になるので、書類の制作もそれ以降の日付になります。うつ病が原因で休業する場合であっても先に有給がもらえる待機期間があり、その期間中に書類の準備をし始めると良いでしょう。全ての書類が完成してから審査が終わるまでの間に3ヶ月ほどかかることもあるので、あらかじめ休業期間の生活に必要なお金を準備しておくことが大切です。審査が通れば後からその期間の傷病手当が支給されるので、使った貯金を補ったりその後の生活費にあてたりすることが出来ます。しばらくの間、休業をしてもうつ病がよくならなかった場合は、治療に専念するために退職する人もいます。退職後も支給期間に支払われる分のお金を受給することが可能です。休業中に傷病手当をもらっていない場合は、退職してからきちんと申請すると良いでしょう。また、傷病手当の支給をすでに受けていた場合も、引き続き退職してからも受給できるため、確認しておくと安心です。支給の対象となる期間は原則として1年半とされており、復職した期間その間に数ヶ月があったとしても支給開始から1年半の間の受給となります。途中で復職してすぐに休業しても傷病手当の支給期間が延びるわけではないので、体調と相談して治療するのが賢明です。

Copyright© 2019 治療に専念する為に利用出来る支援制度を確認 All Rights Reserved.